超巨大窓 ハオルシア 万象「雪あかり」の外葉が、子株が出来て枯れる

5年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
雪あかり01


うちにあるハオルシア群の中でも、高価なのがこの雪あかり

葉がすごく大きく、窓だけで直径2.8cmあります。他にも全長ならこれと変わらない株はありますが、窓はこれより大きいものはありませんし他でも見た事ないです。

ベクター錦の子株と比較するとこうなる。

雪あかり01

黄色い葉はべつに黄斑ではありません。枯れて腐ってきているだけです。

なので早くとらないと・・・

 

ハオルシアの調子が悪いときは大抵根腐れしている

ハオルシア マロンの中央葉のこれはカビなのか

 

 

ちなみにマロンは、枯れた葉を切らなくて自然消滅で今も元気ですが、万象のほうはその後枯れて今瀕死寸前です。

もうリカバリーできない・・・

 

どうもある程度大きくならないとかなり弱い模様。

ある程度成長した株を購入しないと、腐敗や枯れなどのトラブルが怖いですね。回復力が全然大きいのと違いがあり過ぎです。

 

雪あかり02

どうも子株が出てきたことで圧迫された模様、なので根は逝ってなさそう。

雪あかり03

この大きな窓は何年ものなのだろうか?私は既に大きくなったものを購入したのでわからない。

 

ということで、早速葉除去作業をする。

雪あかり04

広げるとこんな感じで細菌やウジがわいている感じはしない。

 

雪あかり06

作業にナイフは使いましたが、切れ目を入れるためだけで、ほとんど手でちぎっています。

ハオルシアの花芽摘みや子株採取をナイフでしないほうがよかった・・・

 

 

雪あかり07

子株はまだ根が形成されてない、瘤の状態なので放置です。

親を優先するなら子株を切除すべきですが、これはみすみす捨てるのはもったいない株です。

 

 

葉焼けと飾り砂で擦れた痕。そろそろ日差しがやばくなるので、フィルターのカット率を調整しようと思います。

ハオルシア 冬の紫外線対策

雪あかり08



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment