蘭の鉢の底のほうの水苔がカビる

3年 ago by in 育成日記 蘭
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
蘭01


内部の状況が知りたくて、ペットボトルで育成している蘭。

ペットボトルで育てている蘭の腰水での水遣り方法

 

台風のときに窓を閉め忘れて雨が入ってしまったのですが、加えて水蘚の底の方が緑色にカビているのに気づきました。

 

普段の運用は

・毎日1回霧吹きで上から水遣り(葉水だけ)
・1ヶ月に1回目安で、液肥を薄めて腰水による水遣り

 

 

ですが、霧吹き前にいつみてもペットボトル内が湿気て水滴がついているわけです。

霧吹きすら要らないんじゃないだろうか・・・

 

 

また、水(霧吹き)遣りすぎなのか、葉が割れてきました。

この割れ方、ハオルシアで見たことがある、水含み過ぎたときの割れに見えます。

蘭01

早速水苔を全て撤去します。

 

 

こんなに水遣りに苦労しているのは、蘭の世界で一般的なことではないと思います。

多分今私が苦戦している蘭(品種不明)に限ったことであり、富貴蘭などでは実際土での栽培もされている方はおられます。

蘭の土壌栽培に早速失敗する

 

 

ということで、ペットボトルやプラ鉢では内部が湿気てしまう限界を感じました。

素焼きの鉢にしないと駄目そうだ・・・と思ったのですが、意外に近場に売ってないものですね・・・素焼きの鉢。

鶴仙園にあったかしら。

蘭01

 

・黒塗りの楽焼鉢ではなく、純粋な素焼きの鉢につっこんで
・今まで通り、2本くらい気根を外に出した状態で
・ほんの軽くミズゴケを詰めて

 

 

みようと思います。

水耕栽培的な方法を試してみたいので、鉢の上に網を載せて、そこに蘭本体を固定したい。

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

“蘭の鉢の底のほうの水苔がカビる” への1件のフィードバック


[…] 蘭の鉢の底のほうの水苔がカビる […]

Leave a Comment