玉扇/万象錦の葉挿しにおいて、狙った場所に斑入りの仔株を形成させる方法

10か月 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
bunretu


以前切り分けた万象錦がまたまた仔株フィーバーを起こしています。

bunretu

元々子を吹きやすい個体でありますが、加えて細工をすることで狙った場所に子株を形成させています。

 

その細工とは、良い斑が出ている場所付近の葉の根元にペンナイフで傷をつけてBA溶剤を注入することです。

 

傷をうけたことによって傷害ホルモンができ,これに誘起されて細胞分裂がおこる結果カルスが形成される・・・らしいですが、理論でなく実践レベルでこんなにうまく行くとは思いませんでした。

 

葉挿し用にもいだ葉についても、傷を入れることでその場所から仔株を出すことが出来ているので、組織培養とかめんどくさくて難しい知識が要ることをしなくても増産は可能であるようです。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment