玉扇の凹みは、やはり抜いて外葉に水分が通ってるか確認したほうがいい

4年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
カット01


うちにある玉扇3個のうち、2個が凹んでいる件について。

 

一番凹んでいる青竜をまた鉢開けしてみました。

カット03

カット01

 

鉢を抜いてみると、このように外葉の付け根がカピカピになっています。

さらにその葉の部分に新根の瘤が埋まっている状態でした。

 

 

いずれにしても解決するには、根から葉に水が行くようにしないといけません。

そのためには

 

・根の水を吸い上げる量を増やす

・水の流れを阻害している要因を切除する

 

 

今のところ、中央の葉がひたすら厚くなっており、その分外葉が凹んできています。

これは凹み葉玉扇であるもう1つ、荒磯でもそうです。GWを超えたら中央の新葉がどんどん肥大化し、外葉を押し下げて圧迫しています。結果外葉が凹んだという。

荒磯01

下が昨年。

ハオ01

 

冬を超え、GWを越えた雪冠は凹み窓が完全リカバーしています。この玉扇 雪冠も外葉を昨年カットしました。

雪冠は新葉も厚くないので、スペースがあります。やはり外葉でキツキツになっている模様。

荒磯02

下は昨年の状態

ハオルシア01

 

 

なので、傷つけないように注意しながら外葉を剥いてみます。

カット04

この外から2枚目の葉もめちゃめちゃ凹んでますが、根元は痛んでないことがわかります。

片側も剥いて、鉢に植え替えました。

カット05



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment