発芽させるにはじゃぶじゃぶ水でおk

5年 ago by in 育成日記 野菜
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
野菜01


培養土に埋め、霧吹きを多めに、かつ頻繁にかけた1週間後の状態がこちらです。

 

野菜01

 

そして底に穴のある鉢に入れて、じゃぶじゃぶと溢れるくらい水をかけたものを上記とは別に用意しました。

こちらはたった1日でこの状態です。

野菜02

変わらないという。

たった一日で同じ背丈に仕上がりました。

 

 

発芽させるには水はとにかく多めにということが検証できました。

ただこのままでは伸びすぎてかいわれになる。

 

 

あとはプランターに移し変えます。

底の深い植木鉢がなかなかなかったのですが、西友で見つけたこれでいいかなと。

野菜03

Vegetable Beginners Guide ダイコン栽培

ダイコンを育てるときのプランターサイズは大型で深型のタイプ(60㎝以上)で栽培します。

 

 

個人的にいいなと思ったのが、市のごみ収集のカゴです。比較的カゴの目も細かく取り回しもよい。あれに穴を開けたビニールシートを敷いてプランター代わりにできれば結構な深さを実現できるなぁと思ったのですが、あれ売ってくれないかなぁ・・・・

 

 

土の配合は

 

育成土7:赤玉土2:バーミキュライト0.5:くん炭0.5

 

 

の割合にしています。

育成土は西友で25kg 200円ちょいのやつです。

 

 

Vegetable Beginners Guide ダイコン栽培

>ダイコン栽培に適した用土は市販の培養土を利用するのが簡単ですが、自分で作る時は
赤玉土6:砂2:バーミキュライト3
それに石灰を用土10ℓ当たり10gと化学肥料を用土10ℓ当たり20g混ぜ合わせた物を用土に使います。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment