今年の夏はハオルシアの徒長は酷かったものの、腐った株は無かった

10か月 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...


昨年の夏は徒長だけでなく腐らせて死んでしまった株がありましたが、今年は死んでしまった株はありませんでした。

ハオルシアの2016年度の徒長は、それはもう酷かった

 

 

やはり葉っぱに水滴が残る形で水をあげると腐る原因になるようで、今年は株の周囲に垂らすように水をあげることでなんとか回避できました(万象1株だけ、中央の葉が腐りましたが、早めに除去して事なきを得ました)。

しかし徒長は昨年ほどではないものの、どの株も結構してしまいました。また秋~冬~春の間に形が少しずつ整う感じだと思います。

 

 

昨年同様今年も9月、10月頭が晴れる日が少なかったので、そのあたりでメキメキ徒長しています。

昨年にはない特徴的な傾向としては、全ての葉が均等に徒長するのではなく、一つの葉だけがびよ~んと突出っして伸びたりして、葉丈がガタガタになってしまうことが挙げられます。

 

 

徒長傾向を逃れた株については要因があって、ある程度の大きさに育っていて無駄な葉っぱをもいだものは徒長しませんでした。

同じ場所に置いてあるハオルシアでも徒長が酷いものと、まるで徒長が見られないものがあって、上記(葉をもぐ作業をしたもの)のものは徒長しませんでした。具体的な品種としては、玉扇 荒磯や玉扇 広重、玉扇 大縄などです。

また深植えしている玉扇 写楽については何故かそんなに大きなサイズまで育ってなく、かつ葉の整理をしていなかったものの徒長しませんでした。

 

 

かなりの大きさなくせに葉っぱを剪定しなかった玉扇 鬼岩城などは、全体的に均等に葉が徒長してしまいました。

小さい株で葉っぱを剪定しなかった、玉扇 イナバウアーや玉扇 稲妻鬼岩、万象 トリコロール等は葉がガタガタに不均等な感じで徒長してしまいました。

 

 

玉扇は形状的に葉の剪定が簡単にできますが、万象はもぐ程葉数が揃わないので、なんかどうしようもない感じです・・・

 

 

ちなみに、うちに3株あるオブツーサ錦については、やや徒長気味ですがそこまで目に見えた感じではありませんでした。

オブツーサは育てやすい感じですね。あとはオブツーサ錦をあえて仔吹きさせるかどうか悩んでます。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment