ペットボトルで育てている蘭の腰水での水遣り方法

3年 ago by in 育成日記 蘭
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
蘭01


ということで、華麗に、鹿沼土ベースの土壌栽培による蘭の栽培(多肉植物用の土での育成)に失敗したわけですが

蘭の土壌栽培に早速失敗する

 

 

朝晩の霧吹きによる水あげに疑問を持ち始めました。

あ。一応もう1枚葉っぱちぎってます。前回の状態で腐敗した恐れのあるものは極力取り除きました。

 

 

疑問というのは、上部にある気根に霧吹きで水をあげてどうするの?ということです。

気根は蘭が自身を固定させるための根なわけですから、水とか肥料を吸い上げる下のほうの根に水をあげないといけないわけです。

 

 

ということで、さらにセオリーに習い、腰水方式による水遣りを試しました。

蘭01

 

ペットボトルの底に精密ドライバーで穴を開けています。ここから水が入り込みます

 

蘭02

 

こんな感じに底のほうにある根だけに水が供給されます。

これでも正直内部の湿気が心配です。ペットボトルを利用しているのは、根が腐ってないか確認するためなので、もっと健康な状態なら素焼きの鉢を利用したいところなわけです。

ペットボトル下部側面にも穴を開けようかしら。

 

 

状態が安定してきたら、最近噂されている水耕栽培に近い蘭の育成を試してみたいと思います。

 

蘭03

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

“ペットボトルで育てている蘭の腰水での水遣り方法” への1件のフィードバック


[…] ペットボトルで育てている蘭の腰水での水遣り方法 […]

Leave a Comment