ハオルシア玉扇の根挿しの管理方法

3年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
02


現在育成中の、玉扇の根挿しです

02

葉は既に、4枚ほど出ているのですが、仔株からの根が出ていません。

ビーエー溶剤を試してみたくなります。

 

01

根挿しは、挿し根が腐りやすいので、2~3mm土から顔を出して植えるようにします。

挿し根自体は腐らなければ意外に丈夫で、新しい芽がさらに出ることもあります。

 

 

 

葉挿しと違い、芽が出ても水は与えません。ただしプリンカップと葉水はしています。

 

 

 

自根が出たら、軽くゆすって親から外します。

無理に引っ張ったりねじると、小さいものなので生長点が傷ついてしまう可能性があります。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment