ハオルシアの葉挿しにビーエー液剤を試す|芽出し

3年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
00


既にもう芽根が出てきた葉挿しがちらほらあるのですが、先日紹介した都合、試してみる。

ハオルチアの発根促進剤には、メネデールなの?葉挿しカキ仔など

 

00

この写真を撮影したときに、左下の葉挿しの根を誤ってポキッと折ってしまいました・・・

 

01

BA溶剤で、取り返す!!ということで、送料の兼ね合いから2本購入しました。

 

植物ホルモン サイトカイニンに似た構造の成分を保持します。

葉挿しにおいて主役となる植物ホルモンはオーキシンとサイトカイニンで、 これらのバランスにより植物組織がカルスになったり芽や根が出たりします。

ですので、いつか傷害ホルモンともいわれるオーキシンも足さないといけない・・・・

 

02

風邪薬のアンプルみたいな・・・希釈率なのですが、植物により異なるからか、特段説明書的なものもなければ、書かれているものもありません。

 

とりあえず、情報を漁った結果1000倍希釈を試すことにしました。

 

 

ペンタガーデンのキャップに1/10ほど目分量で入れます。

 

04

霧吹きに入れて散布。

 

なんか石鹸のように泡が立ちます。

 

これを最大で10回にかけて噴霧するようですが、次のあげときをいつにしようか悩みます。

 

参考)液剤を注射するパターン

2017/1/17 多肉植物ガステリア属の栽培 10.ガステリア属バッケリーの葉挿し-3

 

 



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment