ハオルシアの花芽摘みや子株採取をナイフでしないほうがよかった・・・

4年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
青竜02


ずっと日記を書いてなかったのは、冬に体調を崩したハオたちがあまりにも多かったから・・・

リカバリーできないぉ。テンションが保てませんでした。

 

で、その最たるものの1つが昨年から、外葉の窓が凹んでいる玉扇 青竜

ハオルシア玉扇の窓が潰れる要因の1つに花芽がないか?

植え替えたり、窮屈なのが原因かと外葉を切ったり花芽をきったりしましたが、改善しません。

そして冬を越したら、内葉だけはぷっくりしてきました。それでもまだまだ凹葉ですが・・・

青竜02

中央2枚だけ。画面右の葉が冬にはもっと凹んでました。

その葉を見るとわかると思いますが、花芽を切ったときに、ナイフがかすったのか、窓のエッジに肌色の傷がついています。水含みすぎての破裂ではないです。

葉がハートになるのはしょうがない。それはわかるのですが、全体の姿が↓だと・・・・

青竜01

もうね。何も言えません。

いずれにしても花芽は根元で切らずに、邪魔にならない程度の(途中で)の切り方にしないといけないと思いました。

意外に気をつけていたはずなのに、傷つけてしまったのがわかります。外葉をもぐ際も、極力ナイフはつかわないで作業しないといけませんね。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment