ティッシュの保水力を甘く見ていた

5年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
ハオ01


本体をティッシュに保管して2日目で、開封して様子を見たら・・・

 

もう一枚やられた!腐った!

これで少しでも傷ついていた葉はほとんど溶けてしまいました。ティッシュにくるむタイミングが早かったというよりは流水で洗い流すだけでなくしっかり抗菌すべきでした。

しかしレタスをもいだようになっていた葉の付け根はつるりんと奇麗に。

 

 

至急流水で洗い流した後、本体のほうも抗菌剤入りの液肥に2時間漬けてから、培養土の上に置きます。表面のクリーニングはせずただ土をかけたときのままにしています。

 

ハオ01

ハオ03

・・・痩せたなぁ・・・良く見ると葉の表面どれも微妙にしわしわしてるし

 

ハオ04

在りし日のお姿

 

ダルマ状に丸まっていた葉がすっかり広がってきています。ただだらんと垂れ下がることはなくそれなりにしっかりとしてはいます。ここを乗り切らんとあかん!

 

 

本番の土ではなく、培養土でしばらく体力をつけようかと思いますが、水分の管理が難しそうです。

また腐りそうですが、水分を霧吹きではなく普通にちょいあげしておきました。

 

 

 

ちなみに葉のほうは・・・

ハオ02

 

まだ元気なのは3枚といったところでしょうか。1枚しょぼしょぼになったのを捨てました。

 

 

この短期間の間にクワズイモは水をフルで2杯おかわりしました。

2日程度で土がカラカラになってきます。なんて生命力だ!

 

 

かえる玉」は土がからからになりましたが、毎日の霧吹きのみで保守気味に育てています。



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

“ティッシュの保水力を甘く見ていた” への1件のフィードバック


[…] ティッシュの保水力を甘く見ていた […]

Leave a Comment