エメラルドLEDの土について

5年 ago by in 育成日記 ハオルシア
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票がありません)
Loading ... Loading ...
ハオ01


培養土の上に置いておいたのですが、根があからさまにダメージ受けてる感じでどんどん生命力が薄れています。腐敗臭は無しです。

根がストリングチーズのように縦に裂けているように見えます。乾燥しすぎにはしなかったので純粋に朽ちてきているのか・・・

うじをくっつけて腐った組織を食べてもらおうかと本気で考えるレベルです。

 

 

 

ということで本土にします。

先日の金魚土の変わりに、石英砂利にしてみました。

 

 

「かえるたま」の土を見ると、砂利に見える部分が鹿沼土にも見えます。爪でぐっと力を入れると割れます。

粒が細かく砂利に見えるだけで

 

 

一般的なハオルシア配合比率の

 赤玉土小粒6:軽石または鹿沼土小粒3:くん炭(細粒)1

 

 

この鹿沼土の比率が多めなのかもしれません。

しかし中には、白系ハオに合わせて白い土だけで構成している人も見かけるので、ちょっと試してみたいほかの要素。石英でなくサンゴ砂にすればよかったかなと思いますが手持ちにないのでとりあえず・・・

 

 

 

赤玉土3:砂利5:培養土1:くん炭1

 

 

でブレンドしてみました。

排水重視です。腐って死にかけのハオ相手なので、なんか栄養とかまだそういうレベルにいたってないわけです

ハオ01

 

植え替え作業中にも2枚ぽろっと葉が落ちます・・・・やばいよう

 

辛めの環境で生命力の自発を促してみまする



Author:

The author didnt add any Information to his profile yet

Leave a Comment